スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルスの目

何日か前に、偶然(いや、必然か?)目に入った看板ががとても印象に残っていた。

エジプト関連の記号かな~ ヒエログリフかも~
後で調べようと思っててそのままだった。

今日、本屋さんに行く機会があって、早速探してみた。
ヒエログリフ辞典というのがあって、それを見たら載ってた。




図説 ヒエログリフ事典 図説 ヒエログリフ事典
吉村 作治、マリア・カルメラ ベトロ 他 (2001/07)
創元社

この商品の詳細を見る





気になったのは、ホルスの目というものだった。

ホルスの目
ホルス=隼(はやぶさ)
ウジャト(udjat)※wjatとかujatの誤記もあるらしい。
『万物照覧の眼』と称されている。(保護と安全のシンボル)
ホルス神が傷つけられた眼をトト神に癒された神話から護符として、右眼が太陽、左眼が月を表し、個人に健やかさを与え、宇宙に豊かさをもたらす象徴の神聖文字。
相手の心を読む力、将来を見通す不思議な力を与えてくれるともいわれている。

どんなものかというと

こんなものです⇒http://www.ka-gold-jewelry.com/japanese/p-products/eye-of-horus-silver.php

1回見ただけなのにかなり引き付けられてしまった^^;


ホルスの目で検索していたら、安倍晴明の名前も出てきた。
晴明は、自分のことを隼になぞらえていたとか…。

とりあえず、記録しておく^^;



スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURL:

ホルスについて

ホルスホルス(Horus)は、エジプト神話に登場する隼の神。ホルスはギリシア語であり古代エジプトではヘルと言った。オシリスとイシスの子で、セトの敵対者である神としての神話が特に有名だが、神話によってはオシリスイシスセトネフティスに続く5人目の兄弟となる事もある
2007/02/22(木) 08:27:48 | エジプトファン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。