スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛 愛する  (自分へのメッセージ)

からだの声を聞きなさい  リズ・ブラボー著 より




 <愛>とは何でしょうか?真実の愛とは、ハートから出るものです。完全な、無条件の愛こそが、本当の愛と言えるのです。
 愛とは、他者に、すべての<空間>と、すべての<自由>を与えることです。また、自分自身に、すべての<空間>と、すべての<自由>を与えることです。
 愛とは、他者がやりたいと思っていることを、尊重し、受け入れることです。
 愛とは、他者の願望と意見をーーたとえあなたがそれらに同意しなくても、あるいはそれらを理解できなくてもーー尊重し、受け入れることです。
 愛とは、また、いっさいの期待をせずに、与え、導くことです。

       愛とは、他者を自分の思い通りにコントロールすることだと錯覚しているのです。他者に対して、「こうすべきだ」と押し付けることが愛だと思い込んでいるのです。
 みんな、人を変えることばかり考えています。その人が、考え方を、言い方を、行動の仕方を変えさえすれば、自分の人生はもっとうまくいくのに、と思っているのです。そして、自分は何も変えようとしません。
 でも注意してください。他の人の人生の中身はあなたとは何の関係もないのです。
 あなたが地上にいるのは、自分を成長させるためであって、他者を成長させるためではありません。
 私たちは、いつも他者の行動を分析し、判断しています。というのも、他者に対して期待をしているからです。でもそれは<愛>ではなくて<所有>なのです。それこそが、<頭で愛する>ということなのです。
 本当の愛というのは、何の見返りも期待せずに、与え、導くことです。

  

 人間は、他者の考えを強制的に変えさせると、気分が悪くなるように造られているのです。それが愛の法則に反しているからです。

   

 愛するというのは、他者の願望をーーあなたがたとえそれを理解することができず、それに同意することができなくてもーーそのまま受け入れる、ということなのですよ。



 愛する、というのは、他者の<空間>を尊重することなのだということを思い出しましょう。私たちが、他者の考え、言葉、行動をコントロールしようとし、変えようとするたびに、私たちはその人の<空間>に侵入することになるのです。
 あなたが他人の空間に侵入するとき、あなたは自分の空間を失い、他人もその空間を失います。この時、両者の空間は入り混じり、お互いに息苦しくなるのです。



 子どもたちは特に大きな空間を必要としている、ということに気づいてますか?新しい世代の子どもたちは、とても進化しており、愛することをよく知っています。けれども、私たちが彼らに所有ということを教え込んでしまうのです。



 他者に空間を与える、ということは、他者を尊重し、他者の選択を受け入れる、ということです。彼らの生き方を尊重するということなのです。
 大切なのは、存在する(ある)ことと所有する(持つ)ことを区別することです。子どもを愛するとは、子どもをあるがままに認めることであって、子どもが欲しがるものをすべて持たせることではありません。大切なのは、子どもの存在それ自体を慈しむことです。

関連記事⇒習い事





今日も  ありがとう♪ 愛してる♪ ご苦労様♪



☆ランキングに参加してま~す(*^_^*) One Clickをよろしくお願いしま~すm(__)m☆
精神ブログランキングF2ブログランキング人気blogランキング
スポンサーサイト

ゆき

どうもです^^
リンクのお願いにやってまいりました。

ブログいつも見てます^^

よろしくです。

2007/01/24(Wed) 00:52:41 | URL | [ EDIT]

レディバ

いつも訪問ありがとうございます~^^
リンクありがとうございます!
私もリンクさせてくださいね♪
これからもよろしくですm(__)m
2007/01/24(Wed) 12:22:16 | URL | [ EDIT]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。