スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親へのイライラ

ここ1週間、イライラしっぱなしだった。
原因は、実家の母。

母には、小さい頃からの不満がたまっていた。
でも、それを忘れていた。
意識的に忘れていたんだと思う。
思い出すと怒りの感情が込み上げてくるから。
怒りは不快な感情だったから、感じたくなかった。

それが「鏡の法則」という本で表面化したみたいだ。

いつまでも、持っていたくない。
縛られたくない。

文字にすることで、手放してしまおうと考えた♪


母は公務員で、フルタイムで働いていていつも忙しそうだった。
家にいるときも、家事でてんてこまいだった。
私は小さかったから、そんなことまで気付かず、母にかまってもらいたくて、しょっちゅうまとわりついていた。
話し掛けたりして…
そんな時、母はうわの空だった。
そういう態度は、一休みしている時もしていた。
何か相談してもそう。
中学生の頃だったと思う。体のことで心配なことがあって、アドバイスが欲しかったのに、やはりうわの空状態。

この状態が今も続いている。
   もう、いい加減にして!
   人の話くらいちゃんと聞きなさいよ!
とずーっと思ってきた。

最近は、孫(私の息子)とにもその傾向がでてきている。
孫の話もちゃんと聞いてないようで、孫に文句を言われている。


母に対して、
   話を聞いてほしい
   かまってほしい
   私をみてほしい
という甘えの気持ちがあることに気が付いた。
幼い子供が当然持つ気持ちだ。
子供特有のわがままな自己中心的な感情。
自分に関心を持って欲しいという気持ち。
母の愛を求めていたんだなとわかった。
母の愛を確かめたかったんだ。
インチャだ~^^;


よくよく思い出してみると、母は、私に全く関心がないわけではなかった。
ブラウスやスカート、ワンピース、ベスト……
洋服をたくさん作ってくれた♪
それが嬉しくて学校に着て行ったっけ。
友達に褒められることもあって、嬉しさ倍増♪なこともあった。


そうだよな~~~
基本的なこと、衣食住には困らなかった。
当たり前のことだけど…。
当たり前のことを当たり前にしてもらってた。
それプラス、洋服という形で愛を示してくれてたんだ~


それでも、まだイラついてる私がいるんだよな~^^;
どうしてなんだろう(-_-;)?
他にイライラの原因があるんだろうか?


シップパートナーさんに今の気持ちを話した。
具体的なアドバイスをもらい(ありがとうございますm(__)m)、見つめてみることにした。

ノートに母親に対してイライラする事柄、いつ頃からか、ホントはどうして欲しかったのかを書き出してみた。


*イライラする事柄*
・人の気持ちを考えずに自分がいいと思ったことを人に押し付けようとするところ。
・人が母に対しての気持ち(感謝や愛)を、お土産やプレゼントという形で表してるのに、拒否するところ。(私にはもったいないから、いらない。自分達で使え(食べろ)と言う。)

*いつ頃からか*
 う~~~ん……中学生くらいかな~
 部活決めで両親と意見が食い違いになった時、特に母親と言い合いになった。その時に自分を通せばいいのに、結局母親の言いなりになってしまった。それ以来、意見が食い違うとイライラするようになったようなきがする。
そのことで凄く後悔をして、自分を尊重するようにしてきたが、意見が食い違ったことを押し通してしたことで、何かトラブルがあるとそれにイヤミを言う。これがまたイライラする。

*どうして欲しかったのか*
・自分にも気持ち・意思があるのと同じく、人にも気持ち・意思があるということをわかって欲しい。
・自分がいいと思うことは、人にとってもいいとは限らないと言うことをわかって欲しい。
・人が感謝や愛を示しているんだから、素直に受け入れて欲しい。



気づいたことがあった。
イライラの原因は、私をわかって欲しいという気持ち。
やはり、母の愛に飢えてるんだ。
自分が望むような愛を与えられてないと拗ねてる。
形は違うが愛を母は表現しているのに……


愛の与え方と受け取り方がずれてるんだ。
それが、わかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。