スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢(2006.11.29&11.30)

2006.11.29
かすかに見えるくらい暗い。
壁沿いに布団が敷いてある
そこに横になってうとうとしていると、壁から手がいくつも伸びてきて、布団ごと壁の方へ引っ張られる。

2006.11.30
同じ夢。
プラス、外人女性が出てきた。
横になっている私を上から見ている。
その顔は怒っている様に見えた。
何かを言っていたがわからない。
でも口調は怒っているような感じを受けた。


********************************


暗い……無意識、エネルギーの低下。
布団……=寝床。意識と無意識の掛け橋。休息。元気回復。養育。
寝る……気付きに欠けている。ものごとを見極めたり、変化させる意志のないこと。
壁………障害。邪魔もの。
手………差し伸べられた手は援助を表す
外人……気付かずにいたか、退けて誤解していた自分のある側面。
女性……自分の側面。受容性、情緒、慈しみ。順応性、感受性、無意識。
口………言語による意志表示。コミュニケーション。あなた自身を表現しなさい。
怒り……欲求不満。心の痛み。言うべき必要のあること。感情を表現しないためにおこる失望。


これらのキーワードから推測してみた。

今の私は生活にどっぷりと浸かりすぎていて気付きもない。
自分の中にある怒りを出す時が来ている。ないがしろにしてきたその感情を認めなさい。
その意志を持てば援助を受けられ、手放すことができる。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。